この度、医療法人社団彩明会は摂食嚥下の分野にスポットを置いて活動していくために大学病院と連携し、

摂食嚥下リハビリテーションを開始しております。施設・在宅においてはマンパワー不足や

他の業務で忙しく、実際に摂食嚥下までは手が回っていないのが現状です。当法人は訪問歯科による治療や口腔ケアのご提供に加え摂食嚥下の分野で協力して参りたいと考えております。

・食事時によくむせる    ・食事後によくむせる

・うまく飲み込みが出来ない ・よく発熱する(誤嚥性肺炎の疑い)

などの症状が見られる場合、摂食嚥下機能の低下が疑われます。当院ではスクリーニング検査及びVE検査を実地し、

そのデータを元に大学病院の摂食嚥下リハビリテーション分野と協力して、リハビリ計画と食事指導までご提案致します。

嚥下内視鏡検査(VE)

内視鏡で喉を観察しながら食物を摂取していただき、

誤嚥の有無などを確認します。

現在食べている食事の形態なども指導できます。

誤嚥の程度に応じて食形態を変える

(例えば固形食をきざみ食にしたり、

とろみをつけてみたり)なども嚥下内視鏡を見ながら

ご家族や施設の方に指導できます。

① スクリーニング検査

⬇︎

② VE検査・ミールラウンド

⬇︎

③ 大学の専門分野と協議・計画のご提案

⬇︎

④ リハビリ・食事指導

●嚥下内視鏡検査は喉の中を直接診ることができる ので、嚥下機能の診断が容易です。

また、在宅や施設で、普段の食事を食べていただきながら行うので、日常生活に即した評価がしやすいメリットもあります。 

●患者さんに適した食事姿勢を決める ことができます。嚥下機能低下した方は、姿勢を変えると食べやすくなる場合があり、

患者さんが実際に食べている場所で、リクライニング角度を調節できるのもメリットです。

●嚥下内視鏡の検査では、映像を医療者だけでなく介護を担当する方に見てもらうことができるのも大きなメリットです。

安全な食事や介助の方法について、医学的根拠を示すことができます。

 

【嚥下内視鏡検査が注目されている理由】

嚥下の画像検査は病院で行われる嚥下造影検査(VF)がポピュラーですが、VFは病院外での検査を行うことができません。

また、現在は病院に行けない高齢者が増えており、訪問診療で嚥下評価をしてくれる医師が少ない実状もございます。

その点、嚥下専門歯科医師の訪問診療では患者さんをご自宅で検査することが可能です。

すなわち、在宅でできる嚥下の画像検査が嚥下内視鏡検査 なのです。

 

【嚥下内視鏡検査を歯科医師が行う理由】

誤嚥は喉が原因で起きていると思われがちですが、実際は口腔内の他の部分の状態が悪かったり、お口が整っていないことが原因であることも少なくありませんそこを見過ごして喉ばかりを診てしまうと、なかなか治りません。「口を整える」と「嚥下機能を向上させる」ことは密接な関係があり、そこに口の専門家である歯科医師が行う理由があるのです。

Q    「摂食嚥下リハビリ」はどんなことをするのですか?

A   摂食嚥下リハビリテーション(摂食機能療法)の内容の概要を以下の通りです。

 

 1.日常の食事や栄養の摂り方などについて改善のための指導をします。

   食べることで、どんな些細な事でも困っている事について、ご家族や施設の皆さん等 と話し合いながら

   必要な場合には他の機関と連携しながら相談に対応します。

 2.食べる機能(摂食嚥下機能)の診断をします。

   食べ方・飲み方が上手くできない機能状態について舌、あご、口唇、喉頭など個々の 器官の動きや

   それらの協調した動きについて姿勢を変えるなどして診断を行います。

 3.診断に基づいて以下のようなリハビリテーションプログラム(訓練指導)を立てます。

   ・食べる機能に必要な筋肉に対して筋訓練

   ・飲み込む反射を促す刺激訓練やムセ、誤嚥(誤嚥)を防ぐ食事姿勢などの訓練指導

   ・患者さんの食べ方、介助者の患者さんへの介助法の指導

   ・食べる機能状態の適した食事の調理形態やトロミ使用による再調理の指導

Q    「摂食嚥下リハビリ」の対象者は?

A   摂食嚥下リハ(摂食機能療法)外来の対象患者さんを以下の通りです。

 1.赤ちゃん、お子さん、就学期の児童生徒、大人の方、高齢の方、年齢は問いません。

   ・チューブ(経管)や胃ろうから栄養・水分を摂っている方。

   ・生まれつきの病気(脳性麻痺、ダウン症など)で食べることが困難な方。

   ・脳卒中、パーキンソン病、認知症などで食べることが困難なかた。

   ・食べるとむせることが多い方。

   ・よく噛まない、丸のみしている、食べるのが遅い、などの食べ方に問題がある方。

 2.離乳食の食べさせ方、離乳食の食形態、使うスプーン、フォーク、お箸の形や使用時期、

   極端な偏食などで迷っている乳幼児の保護者の皆さん

Q    診療費について教えてください

A   診療費:原因となる病気がある場合は保険診療です。

 

  実際に食べる様子を見せていただき、飲み込む機能のどこの部分が困難になっているのかを診断します。

  そして今できることを伸ばし、さらに食べ物を用いない間接訓練や食事環境の整備などを進めていきます。

  また、 摂食指導は保険診療です。

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC