ウイルスによる口内炎

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。

新型コロナワクチン接種がようやく始まりましたが、高齢者や基礎疾患をお持ちの方まで行き届くにはまだまだ時間がかかりそうですね。


歯科の殆どの病気は虫歯菌や歯周病菌の細菌感染で起こりますが、ヘルペス性口内炎はウイルス感染により起こります。特徴はお口のあちこちに口内炎や水疱が出来たり、強い痛み、発熱も伴う場合があることです。

通常の口内炎では対症療法でステロイド軟膏の処方やレーザー照射などで治癒を促して対応しますが、ヘルペス性口内炎の場合はアシクロビルという抗ウイルス薬が効きます。

治りにくい口内炎や通常よりも痛みの強い口内炎の場合はヘルペス性口内炎の可能性がありますので歯科医院で診てもらい抗ウイルス薬を処方してもらいましょう、数日で症状は寛解して治癒に向かっていきます。


最新記事

すべて表示

顔の半分が痛い

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。GWが明けましたが緊急事態宣言と蔓延防止措置は延長されるようです、引き続き感染予防対策を行い通常通り診療致しますのでよろしくお願いします。 最近いらした患者さんで顔の右側全体が痛いという方がいました、歯の痛みが強い場合は関連痛と行って噛み合わせる反対の歯や近くの歯が痛くなることが良くありますが、頬から目の当たりにかけて広範囲に痛みが出ている場合は上顎洞

歯科で使う注射器

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 歯科医師のワクチン接種が特例で認められたそうです、研修を受けて患者さんの同意が得られれば接種可能とのことですがクリニックでの処置は出来ないそうです。 歯科で良く使う注射器は浸潤麻酔の時に使う注射器で注射筒にカードリッジと呼ばれる麻酔の薬を装着して使います。 針の太さは最も細いと言われている33G (約0.2mm)のものを使ってゆっくりと注入するので最

5月の休診日

こんにちは春日部デンタルクリニックです。 5月3日(月)4日(火)5日(水)は祝日のため休診とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。