レントゲンで何が判るか

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。

歯に異常を感じて歯医者さんにかかると問診、視診、触診の他に画像診断(レントゲン撮影)を行う場合があります。


歯や歯周組織、顎の骨や空洞に異常をきたすと正常な所見とは違った画像が写ってきます。

虫歯の場合は歯をに部分的な黒く抜ける病変が写ってきます、これはエナメル質や象牙質が虫歯菌によって溶かされ穴が空いている事を表します(虫歯が拡がっている様子)

また歯の根っこの先が黒く抜ける病変が写っている場合は根尖病巣といって骨が溶けてバイ菌の巣になっていたり膿が溜まっている事を表します。

上顎洞と呼ばれる空洞が白く写る場合は上顎洞炎(蓄膿症)の疑いがあります。


このように視診では判断がつかない情報を得ることが出来、どこが悪いのか診断することが出来ます。ただレントゲンを撮ることで全ての診断が下せるわけではなく、金属の影にある病変、2Dでは判断がつかない病変、レントゲンにはうつらない破折線などもありますので総合的に判断することになります。経験や勘に頼ることもありますが確定診断がつかない場合はむやみに手をつけず様子をみる場合も多々ありますし、歯の痛みは患者さん本人が感じているところとは違う原因がある場合もありますので目に見えない情報をレントゲンを撮ることで得ることは重要になります。


被曝に関しては歯科の場合は元々照射量も少なく、最近の機器ではデジタル化が進んでいて以前よりもかなり軽減されていますので人体に影響を与えることはほぼありません。


訪問歯科でもポータブルの機械で対応して、診断に役立てております。

最新記事

すべて表示

乳歯の生え変わりの時期

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 乳歯が中々抜けずに永久歯がはえてこないと不安になってしまうことがあります。 6歳ころ 乳切歯と呼ばれる前歯が下から生え変わります 6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯が乳歯の奥から頭を出してきます 10歳ころ 乳臼歯と呼ばれる歯が抜け小臼歯と呼ばれる乳臼歯より幅の狭い永久歯が 生えてきます 12歳ころ 12歳臼歯と呼ばれる第二大臼歯が奥から頭を出してきます

歯科医院での感染予防対策

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 春日部駅の再開発でどんどん周りの建物が無くなってきていますが、春日部デンタルのあるビルは健在です、駅のホームからも良く見えるようになりました。 歯科医院は飛沫が飛びやすく感染リスクが高いように思われますが大規模クラスターの発生の報告はあまり聞きません。原因は定かではありませんが以前から歯科医院でおこなっている感染予防対策を紹介します。 ・患者さんごと

口腔外科専門医が入職しました!

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 4月より新しい体制シフトになっておりますのでよろしくお願いします。 口腔外科専門医の齋藤先生が火、金、日の外来に加わりましたので、今まで紹介となっていた症例も出来るだけ対応出来るようになります。 また新卒の衛生士も2名入職しましたのでよろしくお願いします、当面は指導衛生士による研修となっており、じっくり育てていきたいと考えております。 今年度も春日部

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC