下顎を出す癖

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。

当院では3歳児から出来る受け口の治療を行っています。ムーシールドと呼ばれる装置を使って舌の位置を矯正し下顎を内側に入れる力を加えて改善させる筋機能療法と呼ばれる方法を使っています。

何故簡単な作りのマウスピースをはめるだけで、歯並びが改善されるのでしょうか?

歯並びの原因としては遺伝的な要因で骨格的に出ている人(身内に受け口の方が居る、横から見た時に明らかに下顎が出ているなど)と機能的な要因があります。

機能的な要因というのは乳歯列が完成するまでに下顎を出す癖や舌の位置が低いなどの要因により受け口になる事を言います。この癖を防止し舌の位置、頬の筋肉を改善する事でなんと歯並びが治って来ます。また永久歯が生えそろうまでは歯も動きやすいのでそのタイミングを利用して行う治療になります。


機能的かどうか見極めるポイントとしては「前歯を合わせられるかどうか」で判断します。

切端咬合位といって上の前歯と下の前歯を合わせる顎の状態が取れれば機能性の反対咬合としてムーシールドによる治療の適用となります。


小さい頃の口呼吸や舌の癖は永久歯の歯並びが完成するまでに影響を及ぼします。

気になる方はご相談ください。

最新記事

すべて表示

第1回春日部デンタルクリニックCUP

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 11月23日(月)に私たちが地域貢献の一環として支援している FC Gois の運営で第1回春日部デンタルクリニックCUPが開催されます! 春日部デンタルクリニックでは地域連携を深めて様々な連携をして地域に密着したクリニックを目指しております。FC Gois さんは「春日部から世界へ」をスローガンに春日部の本格的なクラブチームを作り、世界のクラブチー

伝わっていない

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 先日、訪問で伺っている患者さんのご家族から報告書についてよく分からないとの指摘を受けました・・・ 歯科医師になって20年弱、春日部を開院して12年目、周りに専門職ばかりの職場でより詳細で綿密な報告書を作成するにあたり患者さん目線を完全に見失っていました。 日々、レントゲンや画像、詳細な検査をとって説明をしていますが、レントゲン画像然り、画像然り、検査

唾液の影響かも・・

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 コロナの感染拡大防止でマスク生活も半年以上に及び、ここにきて定期的に通って何とか口腔内を維持してきた患者さんのお口にトラブルが発生している気がします。 マスクの影響は口呼吸を促す、唾液分泌量の低下により虫歯や歯周病の進行を助長するなどのデメリットもあります。あと今年に入ってから粘液嚢胞での受診率の高まりが多い気がします(あくまで主観なのでエビデンスは

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC