唾液の影響かも・・

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。


コロナの感染拡大防止でマスク生活も半年以上に及び、ここにきて定期的に通って何とか口腔内を維持してきた患者さんのお口にトラブルが発生している気がします。

マスクの影響は口呼吸を促す、唾液分泌量の低下により虫歯や歯周病の進行を助長するなどのデメリットもあります。あと今年に入ってから粘液嚢胞での受診率の高まりが多い気がします(あくまで主観なのでエビデンスはありません)お口の動きも制限されたりお話しする機会も減少など色々考えられる要因はありますがお口の潤滑剤である唾液の減少も一因では無いかと思う今日この頃です。

唾液は外界からウイルスや細菌などから守る作用以外に潤滑作用、食塊形成作用、再石灰化作用、自浄作用など多岐に渡ります。

対策としては出来るだけお口を潤すよう水分摂取やうがい、咀嚼を良くする、お口を動かす、鼻呼吸を心がける、唾液腺マッサージなどです。個人個人によって唾液の成分は異なり一概には言えませんが唾液分泌量の低下は色々なトラブルを起こす要因になります。

当法人は摂食嚥下にも取り組んでおりますが、唾液って重要だなとつくづく思います。

最新記事

すべて表示

表情筋を動かそう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 コロナ禍でマスク生活と人との接触を避ける日々が続き、話をしたりお口周りを動かす機会が減ってきてます。 訪問でお伺いしても買い物以外は殆ど外に出ずにずっとお家で過ごされている方も居られます。お口の周りは表情筋、咀嚼筋、舌筋などがあり使わないと廃用萎縮となり機能がどんどん衰える場合があります。 お家で簡単に出来る体操を紹介します。 有名な運動だと「あいう

3月の休診日

3月20日(土)は祝日のため休診とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

生え変わりを上手く使おう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 小児の噛み合わせに関する問い合わせや相談が増えていますが、早期の予防する場合は永久歯が生えはじめの時期の方がより効果的にマウスピースを使って歯並びを整えることが出来ます。 生え変わりの時期は前歯も八の字に生えてきたり、隙間が多く出来たり、噛み合わせが反対だったり、捻れていたりと安定しません。このまま経過観察して自然に治る場合も多いですが早期に介入して

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC