治療の判断基準

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。歯の治療は歯医者さんに行くと悪いところが見つかり残念ながら治療を繰り返すことが良くあります。詰め物や被せ物をしても人工物で本来の歯の部分を補っているだけなので、プラークコントロールやかみ合わせの状態、また毎日過酷な口腔内で酷使されていると何らかのトラブルを起こす場合があります。自費の良い材料を使っていても確かに長持ちはしますが同じです。


何かしらの症状が出た時に処置をするかどうかの僕の基準は「今の状態よりも良く出来るかどうか」です。特に根っこの治療の再治療はどんどん残っている歯が薄くなってしまい、再治療を繰り返すことで破折のリスクが高まります。歯周病の治療でも歯を抜きたくないと言う患者さんの気持ちを優先してしまうと隣の歯に波及してしまう場合もあります。

「様子をみましょう」と言われると何もしてくれないと思われるかもしれませんが、風邪など医科の殆どの疾患は薬で症状を抑えるだけで自分自身の免疫力で治っています。

歯科の場合は穴が空いた組織は元に戻りませんが、炎症などの場合は元に戻る可能性があります。こんなことを言うと感染源を除去しない限り治らないとお叱りを受けそうですが、僕の考え方は上記のような判断で治療をするかどうかを決定しています。


むやみに削ってしまうと、部分的な被せ物→神経を取る→被せ物→根の治療→破折→抜歯という負のスパイラルになってしまいます。やはり普段からのお手入れが最も重要ですよ〜

最新記事

すべて表示

第1回春日部デンタルクリニックCUP

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 11月23日(月)に私たちが地域貢献の一環として支援している FC Gois の運営で第1回春日部デンタルクリニックCUPが開催されます! 春日部デンタルクリニックでは地域連携を深めて様々な連携をして地域に密着したクリニックを目指しております。FC Gois さんは「春日部から世界へ」をスローガンに春日部の本格的なクラブチームを作り、世界のクラブチー

下顎を出す癖

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 当院では3歳児から出来る受け口の治療を行っています。ムーシールドと呼ばれる装置を使って舌の位置を矯正し下顎を内側に入れる力を加えて改善させる筋機能療法と呼ばれる方法を使っています。 何故簡単な作りのマウスピースをはめるだけで、歯並びが改善されるのでしょうか? 歯並びの原因としては遺伝的な要因で骨格的に出ている人(身内に受け口の方が居る、横から見た時に

伝わっていない

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 先日、訪問で伺っている患者さんのご家族から報告書についてよく分からないとの指摘を受けました・・・ 歯科医師になって20年弱、春日部を開院して12年目、周りに専門職ばかりの職場でより詳細で綿密な報告書を作成するにあたり患者さん目線を完全に見失っていました。 日々、レントゲンや画像、詳細な検査をとって説明をしていますが、レントゲン画像然り、画像然り、検査

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC