治療の判断基準

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。歯の治療は歯医者さんに行くと悪いところが見つかり残念ながら治療を繰り返すことが良くあります。詰め物や被せ物をしても人工物で本来の歯の部分を補っているだけなので、プラークコントロールやかみ合わせの状態、また毎日過酷な口腔内で酷使されていると何らかのトラブルを起こす場合があります。自費の良い材料を使っていても確かに長持ちはしますが同じです。


何かしらの症状が出た時に処置をするかどうかの僕の基準は「今の状態よりも良く出来るかどうか」です。特に根っこの治療の再治療はどんどん残っている歯が薄くなってしまい、再治療を繰り返すことで破折のリスクが高まります。歯周病の治療でも歯を抜きたくないと言う患者さんの気持ちを優先してしまうと隣の歯に波及してしまう場合もあります。

「様子をみましょう」と言われると何もしてくれないと思われるかもしれませんが、風邪など医科の殆どの疾患は薬で症状を抑えるだけで自分自身の免疫力で治っています。

歯科の場合は穴が空いた組織は元に戻りませんが、炎症などの場合は元に戻る可能性があります。こんなことを言うと感染源を除去しない限り治らないとお叱りを受けそうですが、僕の考え方は上記のような判断で治療をするかどうかを決定しています。


むやみに削ってしまうと、部分的な被せ物→神経を取る→被せ物→根の治療→破折→抜歯という負のスパイラルになってしまいます。やはり普段からのお手入れが最も重要ですよ〜

最新記事

すべて表示

表情筋を動かそう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 コロナ禍でマスク生活と人との接触を避ける日々が続き、話をしたりお口周りを動かす機会が減ってきてます。 訪問でお伺いしても買い物以外は殆ど外に出ずにずっとお家で過ごされている方も居られます。お口の周りは表情筋、咀嚼筋、舌筋などがあり使わないと廃用萎縮となり機能がどんどん衰える場合があります。 お家で簡単に出来る体操を紹介します。 有名な運動だと「あいう

3月の休診日

3月20日(土)は祝日のため休診とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

生え変わりを上手く使おう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 小児の噛み合わせに関する問い合わせや相談が増えていますが、早期の予防する場合は永久歯が生えはじめの時期の方がより効果的にマウスピースを使って歯並びを整えることが出来ます。 生え変わりの時期は前歯も八の字に生えてきたり、隙間が多く出来たり、噛み合わせが反対だったり、捻れていたりと安定しません。このまま経過観察して自然に治る場合も多いですが早期に介入して

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC