熱中症に注意

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。じめじめした日が続きますが、梅雨が明けるとマスクをするのも辛い位暑い日々が待っています。


個人的な見解ですのでブログであげるのもどうかと思いましたが、マスコミでもようやくマスクの正しい知識について啓蒙し始めているのであげさせて頂きます。マスクは飛沫感染させないためのもので、決して感染予防に役に立つありません。暑い時期で常に着用するのは熱中症の危険があるので外では外すようにと説明しています。

また鼻までしっかりマスクをすると口呼吸になり易くなる為、口腔内の乾燥や環境を考えるとあまり良くありません。


厚生労働省の統計をみると平成30年は1500人以上の方が熱中症でお亡くなりになられています、新型コロナでも1000人には到達していないので熱中症のリスクも考えての正しい使用が必要かと思われます。ちなみにコロナが蔓延する前の平成29年の統計では10万人近くの方が肺炎でお亡くなりになられています。

新型コロナの対策も重要ですが、熱中症対策や口腔ケア(誤嚥性肺炎の予防)もしっかりやった方が良いです。


マスクに関して感染症専門家の岩田先生もブログで説明していますので参考にして下さい。

https://blogos.com/article/467138/?p=1

最新記事

すべて表示

かすれ声は筋力低下のサイン

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 最近は新聞で良くフレイル(衰え)に関する記事を見かけます、職業病かもしれませんが・・ 年齢を重ねると声の張りがなくなって声帯とその周りの筋肉が衰えてくる場合があります、声帯が閉じにくくなると振動がうまくできずにかすれ声になる場合があります。また痰や唾液などが咽頭に溜まり発声するときに振動するとき痰が絡まったような声になります。 この声帯の動きの低下は

口腔乾燥症とマスク

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。コロナ前からマスクは仕事柄ほとんどの時間着用していたのですが、治療中以外は顎マスクスタイルや鼻をオープンにした状態で装着しています、口呼吸を予防するためやアトピーなので肌が荒れやすいと言う理由です。 ようやく暑さが落ち着いてきていて熱中症のリスクは低くなってきていますが、マスクの悪影響についてはあまり報道されておらず弊害があることも理解する必要がありま

歯と歯の間をお掃除しましょう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 お口のお掃除と言ったら歯ブラシと歯磨き粉で行うものと思いますが、歯ブラシだけで落とせる汚れはなんと60%程度と言われています・・ 学生実習の頃に染め出しをしてPCR(プラークコントロールレコードというものでPCR検査ではありません)という値を取ったのですが、きちんと磨けているつもりでも20%程度になることが多いです。中には5%なんて達人の領域に近い方

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC