痛い時のセルフ対処法

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。

もう今年もあとわずか今週末から休暇に入るところも多いと思いますが、当院は29日まで診療しておりますのでお痛みや気になるところがある場合は早めにご連絡ください。


以前エントリーでも取り上げました歯が痛い時や歯茎が腫れた時のセルフ対処法です↓


どうしても歯科がやっていなかったり、仕事の都合で行けない場合は痛み止めで凌ぐしかありません、以前は処方箋がないと手に入らなかった「ロキソニンS」が市販薬でも販売されていますので、他の成分の物よりも痛みに効きやすいです。

他に出来る事は「患部を冷やす」です。免疫反応で細胞が集まって来て「痛い」「腫れる」と言った症状が出ますので冷やす事により症状は緩和されます。ただし「抜歯後」に限っては治癒を促すために細胞が集まっていますので、冷やすと治りが遅くなってしまいますので要注意です。

歯茎が腫れて痛い場合は、ばい菌を減らす洗口液での消毒や歯磨きが効果的です。患者さんに聞くところによると「生葉」を患部に塗ると効果があるそうです。

いずれにせよ、疲れや体調不良による免疫力低下により症状が出やすくなりますので、歯の痛みといえど全身の安静と栄養補給も効果的です。

歯が疼いたり、歯茎が腫れてきやすくなっているのは全身の健康状態のバロメーターにもなりますので、無理せず休んで休養するのも一つですね。ただ痛みが治っても一応、歯医者さんには行きましょう、悪い所があるサインです。


新型コロナ感染症対策でも言えることですが、全身的な健康を整えるためにストレスを溜め込まず、適度な運動、お口を清潔に保ち、動かして唾液分泌を促すのが重要です。

最新記事

すべて表示

乳歯の生え変わりの時期

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 乳歯が中々抜けずに永久歯がはえてこないと不安になってしまうことがあります。 6歳ころ 乳切歯と呼ばれる前歯が下から生え変わります 6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯が乳歯の奥から頭を出してきます 10歳ころ 乳臼歯と呼ばれる歯が抜け小臼歯と呼ばれる乳臼歯より幅の狭い永久歯が 生えてきます 12歳ころ 12歳臼歯と呼ばれる第二大臼歯が奥から頭を出してきます

歯科医院での感染予防対策

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 春日部駅の再開発でどんどん周りの建物が無くなってきていますが、春日部デンタルのあるビルは健在です、駅のホームからも良く見えるようになりました。 歯科医院は飛沫が飛びやすく感染リスクが高いように思われますが大規模クラスターの発生の報告はあまり聞きません。原因は定かではありませんが以前から歯科医院でおこなっている感染予防対策を紹介します。 ・患者さんごと

口腔外科専門医が入職しました!

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 4月より新しい体制シフトになっておりますのでよろしくお願いします。 口腔外科専門医の齋藤先生が火、金、日の外来に加わりましたので、今まで紹介となっていた症例も出来るだけ対応出来るようになります。 また新卒の衛生士も2名入職しましたのでよろしくお願いします、当面は指導衛生士による研修となっており、じっくり育てていきたいと考えております。 今年度も春日部

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC