肺炎の種類

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。最近ニューズでも話題になっている新型コロナウイルスの肺炎感染ですが、我々が口腔ケアや嚥下リハで予防している誤嚥性肺炎とは別のものになります。


肺炎の種類は細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、非定型肺炎の3つに大きく分けられます。

今話題の新型ウイルス性肺炎はその名の通り、ウイルスによる感染で根本的にやっつけるワクチンが無く感染力や致死に至るパーセンテージも高く、その症状に対する対症療法しか出来ない為、脅威とされています。


誤嚥性肺炎もいくつか種類があり、最近感染の無い胃酸や胃内容部による化学性肺炎、細菌感染による細菌性肺炎、液体、固形物に誤嚥によって惹起される物理的閉塞などがあります。


さらに感染場所や感染組織によっても分類があり、一概に肺炎と言っても様々な病態があり対策が困難なのだと思います。


報道でも言われているように手洗い、うがい、アルコール消毒を徹底し、咳などの症状が出たら感染を拡大しないようマスクをしっかり着用するようにしましょう


* 健康長寿ネット、参考文献 在宅医療の技とこころ 南山堂  

最新記事

すべて表示

生え変わりを上手く使おう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 小児の噛み合わせに関する問い合わせや相談が増えていますが、早期の予防する場合は永久歯が生えはじめの時期の方がより効果的にマウスピースを使って歯並びを整えることが出来ます。 生え変わりの時期は前歯も八の字に生えてきたり、隙間が多く出来たり、噛み合わせが反対だったり、捻れていたりと安定しません。このまま経過観察して自然に治る場合も多いですが早期に介入して

ウイルスによる口内炎

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 新型コロナワクチン接種がようやく始まりましたが、高齢者や基礎疾患をお持ちの方まで行き届くにはまだまだ時間がかかりそうですね。 歯科の殆どの病気は虫歯菌や歯周病菌の細菌感染で起こりますが、ヘルペス性口内炎はウイルス感染により起こります。特徴はお口のあちこちに口内炎や水疱が出来たり、強い痛み、発熱も伴う場合があることです。 通常の口内炎では対症療法でステ

抜歯後の放置

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 歯を失ってもそのままにしておく方は大勢いらっしゃいますが、そのまま放置はあまり良くありません。と言う僕自身も右下の大臼歯を抜いてそのままにしていた方なので説得力には欠けるかもしれませんが・・ 歯を抜いてそのままにしておくと、抜いたスペースに向かって歯が移動して来てしまい全体的な噛み合わせのバランスが崩れます。僕は右より左の方が噛めたので左で食べる癖が

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC