ホルモンは侮れない!?


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

梅雨明けが待ち遠しい今日この頃です。

今回はホルモンについて話したいと思います。(焼肉ではなく体内に分泌されるほうです)

女性ホルモンであるエストロゲンは、歯周病との関連があります。

ホルモンが関連する歯周病としては思春期性歯肉炎、妊娠性歯肉炎があります。

このホルモンの分泌量の変化により炎症の起こりやすい状態になる事もあるそうです。

女性ホルモンは妊娠すると妊娠前の100倍にも増えると言われてます。

歯周病の原因となる菌は女性ホルモンが大好き!その為、細菌が増えてしまい歯茎が腫れやすく、

出血しやすくなります。その他、唾の量や歯を溶かす酸を中和する力が弱くなってしまいます。

妊娠中は妊娠5ヶ月以降の安定期に入ってからの治療が望ましいです。

特に親知らずなんかは腫れて来院される方が結構いらっしゃいますので注意が必要です。

女性の体はホルモンバランスによる影響が大きくデリケートなので、普段からのケアが重要ですよ~

昨日、患者さまから薔薇を頂いたので受付に飾りました。とても綺麗!


最新記事

すべて表示

子供の口腔機能発達不全

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。当院では高齢者の摂食嚥下リハビリテーションに力を入れておりますが、厚生労働省も診療報酬の改定で子供の口腔機能発達不全にも力を入れる指針を打ち出しております。 口腔機能の評価項目は17項目あり、食べる、話すなどの項目で編成されています。そのうち2項目以上で発達機能不全(厳しすぎる気もしますが・・・)と診断されます。 症状としては うまく噛めない 口呼

金属アレルギーと歯科治療

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。今年は天気がイマイチで曇り空や雨の日が続きますが、本日は久々に日差しが出てとても気持ちの良い日になっています。 今回は金属アレルギーについてです、よくアクセサリーを付けると皮膚がかぶれたりされる方がいますが、接触しなくても体の中に金属成分が溶け出して皮膚炎を起こす場合があります。 歯科で使われる材料は主に被せ物では金銀パラジウム合金や銀合金、義歯で

矯正治療のタイミング

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。最近では学校の歯科検診の紙を持って来院される児童が多くなってきました、その中でも歯並びにマルが付いていると普段はほとんど気にしていなくても気になってします親御さんも多いと思います。 歯並びは遺伝的な要素も強いですが、指しゃぶりや舌の癖による機能的な影響により起こるものがあります。 当院でも行なっているムーシールドは筋機能療法の一つでお口の中のバラン

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC