歯科の被曝量について


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

この間、患者さんに放射線量について聞かれました、たしかに気になりますよね。

まだまだ原発も先がみえない状況が続きますが・・・

気になる被爆量について調べてみました。

歯科用X線(1回)       0.03msV

胸部X線(1回)        0.1~0.3msV

1年間自然に浴びる平均   2.4msV

胃のX線(1回)          4msV

X線CT(1回)            7~12msV

健康に影響が出る(1回)     100msV

白血球の減少           250msV

50%の人が死亡       3000~5000msV

歯科ではX線を撮影するときは鉛の入った防護服を着てもらうので、

ほとんど影響がないと考えて良いと思います。

妊婦さんでも治療に必要であればレントゲンは撮影します。

しかもデジタルレントゲンの場合はさらにその1/2から1/8程度なんで安全なんです。

最近ちょっと報道が減った気がしますが、

基準値の何倍みたいな報道だと良くわからないですよね・・

一時的に浴びるのと、浴び続けるのも全然ちがうし。

情報は正確にわかり易く伝えてほしいものです。

歯医者にも言えますね・・・(笑)


〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC