歯は大切にしましょう…


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

歯科に関するなんか面白いネタがないかなと検索していた所、

ウソかホントか分かりませんが恐ろしい記事を発見した。

歯を抜くのって結構な労力がいると思うのですが、全部一気に抜いちゃったんですかね・・・

以下引用になります↓

加害者の女はアンナ・マコーヴィアク(34歳)。

被害者のマレク・オルシェフスキー氏(45歳)が、歯痛のために加害者の歯科医院を訪れたのは、

別れてわずか数日後のことでした。

別れた直後に、自分が振った女性に歯の治療をしてもらおうという根性がすごいですが、

オルシェフスキー氏としては、「プロなんだから私情は挟まないだろう」と

元カノのことを信頼していたとのこと。しかし、悲劇は起きてしまいました……。

歯科医の女は、元カレに大量の麻酔薬を投与し、彼の歯を全てえぐりだしたのです。

それから女は被害者の口が開かないように、彼の頭とアゴを包帯で巻き、

「合併症があるから専門家に診てもらう必要がある」と伝えたとのこと。

女はこのときの心境についてこう話します。

「私は自分の感情を抑え、プロフェッショナルであるように努めました。

でも、彼が診察台に横たわっているのを見ると”このくそったれが”という気持ちが

抑えられなかったのです」

一方、以下は被害者オルシェフスキー氏の弁です。

「麻酔から覚めたとき、何かがおかしいとは思いましたよ。歯の感覚が全くないし、

あごが包帯でぐるぐる巻きにされているんですからね。

彼女の話では、感覚がないのは口のなかがしびれているせいだとのことでした。

また、包帯は歯茎を保護するためのものであり、専門家の受診が必要であるとの説明もありました。

私は彼女のことをみじんも疑いませんでしたよ。彼女はプロだと思っていましたからね」

お気楽というか、お気の毒というか……。その後、オルシェフスキー氏は次々と

悲劇に見舞われることになります。

「帰宅して鏡を見た瞬間、なんてこったと思いました。歯が全部なくなっていたんですよ。

新しい彼女も”歯がない男とは付き合えない”と言って私の元を去ってしまいました。

私はこれから入れ歯か何か入れるために大金を使わなければならないでしょう」

歯を失っただけでなく、新しい彼女まで失って、踏んだり蹴ったりとしか言いようがありません。

ここまで深い恨みをかうとは、彼はいったい歯科医の女に対して、

どんなひどい仕打ちをしたのでしょうか? 

その点については、被害者も加害者も多くは語っておらず、我々が知るよしもありません。

なお、加害者のアンナ・マコーヴィアクは現在、医療過誤及び患者虐待の罪で

取り調べを受けており、懲役3年の刑に服する可能性があるとのことです。


最新記事

すべて表示

子供の口腔機能発達不全

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。当院では高齢者の摂食嚥下リハビリテーションに力を入れておりますが、厚生労働省も診療報酬の改定で子供の口腔機能発達不全にも力を入れる指針を打ち出しております。 口腔機能の評価項目は17項目あり、食べる、話すなどの項目で編成されています。そのうち2項目以上で発達機能不全(厳しすぎる気もしますが・・・)と診断されます。 症状としては うまく噛めない 口呼

金属アレルギーと歯科治療

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。今年は天気がイマイチで曇り空や雨の日が続きますが、本日は久々に日差しが出てとても気持ちの良い日になっています。 今回は金属アレルギーについてです、よくアクセサリーを付けると皮膚がかぶれたりされる方がいますが、接触しなくても体の中に金属成分が溶け出して皮膚炎を起こす場合があります。 歯科で使われる材料は主に被せ物では金銀パラジウム合金や銀合金、義歯で

矯正治療のタイミング

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。最近では学校の歯科検診の紙を持って来院される児童が多くなってきました、その中でも歯並びにマルが付いていると普段はほとんど気にしていなくても気になってします親御さんも多いと思います。 歯並びは遺伝的な要素も強いですが、指しゃぶりや舌の癖による機能的な影響により起こるものがあります。 当院でも行なっているムーシールドは筋機能療法の一つでお口の中のバラン

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC