矯正治療に関して


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

最近、歯科検診の紙をお持ちになってくるお子様が沢山いらっしゃいますので、

それに関してお話しします。

「歯並び、噛み合わせ」について◯がついてくるお子様が結構います。

本人や家族は気にしていないのに検診で毎回引っかかると不安になってしまいますよね。

低学年の子だと乳歯と永久歯が混在する混合歯列期と呼ばれる時期で、

噛み合わせが悪く見える時期でもあります。最近では1期治療といって

この時期にマウスピースを使った治療を行うことが出来ます、

主に歯が生えるスペースを作って良い位置に生えるよう誘導する治療になります。

ただ生え変わりや成長によりスペースが補填されて綺麗に並ぶケースも多くあるので

様子を見ても問題のない場合もあります。

中学生くらいになると永久歯がしっかり生え揃い歯並びが固まってくる時期になります。

この時期になると2期治療といってワイヤーを使った本格的な矯正治療を行います。

スペースが足りない場合は抜歯が必要になりますし、より正確な診断が可能になります。

当院では矯正の専門医による相談をおこなっておりますので

、疑問や不明な点がある場合は無料でご相談に乗っております。

反対咬合を治療するムーシールドや透明なマウスピース矯正に関しては

院長の佐野で対応しておりますので、ご予約をとってお越しください。


最新記事

すべて表示

顔の半分が痛い

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。GWが明けましたが緊急事態宣言と蔓延防止措置は延長されるようです、引き続き感染予防対策を行い通常通り診療致しますのでよろしくお願いします。 最近いらした患者さんで顔の右側全体が痛いという方がいました、歯の痛みが強い場合は関連痛と行って噛み合わせる反対の歯や近くの歯が痛くなることが良くありますが、頬から目の当たりにかけて広範囲に痛みが出ている場合は上顎洞

訪問歯科のすすめ

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 当院では通常の外来診療の他にご自宅や施設、病院など通院出来ない患者さんに対してこちらからお伺いして歯科診療をおこなう訪問歯科にも力を入れております。 持ち運びの出来るユニット(診療台のポータブル版)やレントゲン、型取り、抜歯など通常の外来診療とほぼ変わらない処置をすることが出来ます。 訪問歯科と往診の違いは治療計画があるかないかの違いです、訪問歯科の

子供の口腔機能発達不全

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。当院では高齢者の摂食嚥下リハビリテーションに力を入れておりますが、厚生労働省も診療報酬の改定で子供の口腔機能発達不全にも力を入れる指針を打ち出しております。 口腔機能の評価項目は17項目あり、食べる、話すなどの項目で編成されています。そのうち2項目以上で発達機能不全(厳しすぎる気もしますが・・・)と診断されます。 症状としては うまく噛めない 口呼