脱離の原因


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

最近、他の患者さんと同じように被せ物をセットしても

すぐに取れてしまう患者さんがいらっしゃいました。歯を見てみると表面がかなり削れており、

歯ぎしりを強くしている事が予想出来ました、取れないように溝をしっかり削って

何とかもっているようですが、この場合は全体を被せるクラウンにした方が良いのでは無いかと

悩んでしまいます。ただ健康な歯を削りすぎるとしみたりするのと保険だと

銀歯になってしまうので難しいところです。

被せたものが取れてしまうにはいくつか原因があります。

一番多いのが、隙間から中で虫歯が進行して取れてしまう

接着したセメントの劣化により取れてしまう

歯が削れたり、欠けて取れてしまう

噛み合わせや歯ぎしりの力で脱離してしまう

大きく分けてこの4つに当てはまります。

対応策としてはどんなに適合がよく作っても細菌が侵入してしまう隙間はあるので、

お口の中を出来るだけ清潔にしておく事が一番です。

歯が削れてしまうのは経年による変化なので、ゴールドのような歯と

出来るだけ硬さの近い金属を使うと一緒にすり減ってくれるので、

ギャップが生まれにくくなります。

欠けたり削れないようにするには全体を被せるクラウンが良いのですが、

上記の理由により抵抗があります。脱離に抵抗する溝をつけたり歯の厚みをつける事で

歯が欠けるのを防止して取れにくくする事が出来ます。

歯ぎしりや食いしばりは無意識でやっている方が殆どで、マウスピースを夜間使用する事で

歯へのストレスを軽減する事が出来ます。

結局、歯の治療の行き着くところはプラークコントロールやシュガーコントロール、

そして噛み合わせになります。普段やっている治療は人工物に置き換えているに過ぎないので、

普段の磨き方や食事指導が菌やお口の中の状態を整える作業が根本的な治療と言えます。

取れにくい詰め物や被せ物は素材や適合が重要ですが、

日々の歯ブラシやメインテナンスが大事です。


最新記事

すべて表示

子供の口腔機能発達不全

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。当院では高齢者の摂食嚥下リハビリテーションに力を入れておりますが、厚生労働省も診療報酬の改定で子供の口腔機能発達不全にも力を入れる指針を打ち出しております。 口腔機能の評価項目は17項目あり、食べる、話すなどの項目で編成されています。そのうち2項目以上で発達機能不全(厳しすぎる気もしますが・・・)と診断されます。 症状としては うまく噛めない 口呼

金属アレルギーと歯科治療

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。今年は天気がイマイチで曇り空や雨の日が続きますが、本日は久々に日差しが出てとても気持ちの良い日になっています。 今回は金属アレルギーについてです、よくアクセサリーを付けると皮膚がかぶれたりされる方がいますが、接触しなくても体の中に金属成分が溶け出して皮膚炎を起こす場合があります。 歯科で使われる材料は主に被せ物では金銀パラジウム合金や銀合金、義歯で

矯正治療のタイミング

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。最近では学校の歯科検診の紙を持って来院される児童が多くなってきました、その中でも歯並びにマルが付いていると普段はほとんど気にしていなくても気になってします親御さんも多いと思います。 歯並びは遺伝的な要素も強いですが、指しゃぶりや舌の癖による機能的な影響により起こるものがあります。 当院でも行なっているムーシールドは筋機能療法の一つでお口の中のバラン

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC