抜歯をするかの基準


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

歯がボロボロになったり、グラグラしてしまった場合は抜歯を勧める場合があります。

抜歯をするか否かの基準は歯科医師によって様々ですが、僕は以下の項目を考慮して

患者さんの希望を聞いて判断します。

抜歯をする基準

虫歯で残っている歯の部分が短くて土台を立てる事が難しい場合

虫歯が歯を支える骨の下まで進行していて、外科的な処置や矯正で引っ張っても保存が難しい場合

歯周病が進行していて隣の歯にも悪影響を及ぼす場合

歯周病が進行していて歯を支える骨がほとんどない場合

歯が縦に割れてしまって、接着が難しい場合

その歯を抜いてしまうとブリッジが出来ずに入れ歯になってしまう場合

入れ歯の安定を得るためにキーとなる歯の場合

インプラントによる治療が難しい場合

などがあります、残すと悪影響を与える又は残しても歯として機能させるのは難しい、

噛めない、すぐに取れる可能性があるといった感じでしょうか。

症状がない場合は無理に残したりしますが、意外と何年も持ったり、あるいはすぐに腫れたり、

痛みが出てしまう事もあります。患者さんがどうしても抜歯をしたくないのもわかりますが、

上記の判断をご説明してます。

あと神経を取るか否か、クラウンにするか否かなど悩むところがありますが、

またの機会にご紹介します。


最新記事

すべて表示

子供の口腔機能発達不全

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。当院では高齢者の摂食嚥下リハビリテーションに力を入れておりますが、厚生労働省も診療報酬の改定で子供の口腔機能発達不全にも力を入れる指針を打ち出しております。 口腔機能の評価項目は17項目あり、食べる、話すなどの項目で編成されています。そのうち2項目以上で発達機能不全(厳しすぎる気もしますが・・・)と診断されます。 症状としては うまく噛めない 口呼

金属アレルギーと歯科治療

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。今年は天気がイマイチで曇り空や雨の日が続きますが、本日は久々に日差しが出てとても気持ちの良い日になっています。 今回は金属アレルギーについてです、よくアクセサリーを付けると皮膚がかぶれたりされる方がいますが、接触しなくても体の中に金属成分が溶け出して皮膚炎を起こす場合があります。 歯科で使われる材料は主に被せ物では金銀パラジウム合金や銀合金、義歯で

矯正治療のタイミング

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。最近では学校の歯科検診の紙を持って来院される児童が多くなってきました、その中でも歯並びにマルが付いていると普段はほとんど気にしていなくても気になってします親御さんも多いと思います。 歯並びは遺伝的な要素も強いですが、指しゃぶりや舌の癖による機能的な影響により起こるものがあります。 当院でも行なっているムーシールドは筋機能療法の一つでお口の中のバラン

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC