抜歯をするかの基準


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

歯がボロボロになったり、グラグラしてしまった場合は抜歯を勧める場合があります。

抜歯をするか否かの基準は歯科医師によって様々ですが、僕は以下の項目を考慮して

患者さんの希望を聞いて判断します。

抜歯をする基準

虫歯で残っている歯の部分が短くて土台を立てる事が難しい場合

虫歯が歯を支える骨の下まで進行していて、外科的な処置や矯正で引っ張っても保存が難しい場合

歯周病が進行していて隣の歯にも悪影響を及ぼす場合

歯周病が進行していて歯を支える骨がほとんどない場合

歯が縦に割れてしまって、接着が難しい場合

その歯を抜いてしまうとブリッジが出来ずに入れ歯になってしまう場合

入れ歯の安定を得るためにキーとなる歯の場合

インプラントによる治療が難しい場合

などがあります、残すと悪影響を与える又は残しても歯として機能させるのは難しい、

噛めない、すぐに取れる可能性があるといった感じでしょうか。

症状がない場合は無理に残したりしますが、意外と何年も持ったり、あるいはすぐに腫れたり、

痛みが出てしまう事もあります。患者さんがどうしても抜歯をしたくないのもわかりますが、

上記の判断をご説明してます。

あと神経を取るか否か、クラウンにするか否かなど悩むところがありますが、

またの機会にご紹介します。


最新記事

すべて表示

顔の半分が痛い

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。GWが明けましたが緊急事態宣言と蔓延防止措置は延長されるようです、引き続き感染予防対策を行い通常通り診療致しますのでよろしくお願いします。 最近いらした患者さんで顔の右側全体が痛いという方がいました、歯の痛みが強い場合は関連痛と行って噛み合わせる反対の歯や近くの歯が痛くなることが良くありますが、頬から目の当たりにかけて広範囲に痛みが出ている場合は上顎洞

訪問歯科のすすめ

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 当院では通常の外来診療の他にご自宅や施設、病院など通院出来ない患者さんに対してこちらからお伺いして歯科診療をおこなう訪問歯科にも力を入れております。 持ち運びの出来るユニット(診療台のポータブル版)やレントゲン、型取り、抜歯など通常の外来診療とほぼ変わらない処置をすることが出来ます。 訪問歯科と往診の違いは治療計画があるかないかの違いです、訪問歯科の

子供の口腔機能発達不全

こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。当院では高齢者の摂食嚥下リハビリテーションに力を入れておりますが、厚生労働省も診療報酬の改定で子供の口腔機能発達不全にも力を入れる指針を打ち出しております。 口腔機能の評価項目は17項目あり、食べる、話すなどの項目で編成されています。そのうち2項目以上で発達機能不全(厳しすぎる気もしますが・・・)と診断されます。 症状としては うまく噛めない 口呼