歯や歯茎が痛い時の対処


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。GWはいかがお過ごしですでしょうか?本日は診療しておりますが、やはり急患の方が何人かいらっしゃいました。

お休み中に歯が痛くなって、どこの歯医者さんもやっていないととても困りますよね・・痛み止めを飲んで何とか凌いても痛いものは痛い。

どうしても歯科がやっていなかったり、仕事の都合で行けない場合は痛み止めで凌ぐしかありません、以前は処方箋がないと手に入らなかった「ロキソニンS」が市販薬でも販売されていますので、他の成分の物よりも痛みに効きやすいです。

他に出来る事は「患部を冷やす」です。免疫反応で細胞が集まって来て「痛い」「腫れる」と言った症状が出ますので冷やす事により症状は緩和されます。ただし「抜歯後」に限っては治癒を促すために細胞が集まっていますので、冷やすと治りが遅くなってしまいますので要注意です。

歯茎が腫れて痛い場合は、ばい菌を減らす洗口液での消毒や歯磨きが効果的です。患者さんに聞くところによると「生葉」を患部に塗ると効果があるそうです。

いずれにせよ、疲れや体調不良による免疫力低下により症状が出やすくなりますので、歯の痛みといえど全身の安静と栄養補給も効果的です。

歯が疼いたり、歯茎が腫れてきやすくなっているのは全身の健康状態のバロメーターにもなりますので、無理せず休んで休養するのも一つですね。ただ痛みが治っても一応、歯医者さんには行きましょう、悪い所があるサインです。


最新記事

すべて表示

表情筋を動かそう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 コロナ禍でマスク生活と人との接触を避ける日々が続き、話をしたりお口周りを動かす機会が減ってきてます。 訪問でお伺いしても買い物以外は殆ど外に出ずにずっとお家で過ごされている方も居られます。お口の周りは表情筋、咀嚼筋、舌筋などがあり使わないと廃用萎縮となり機能がどんどん衰える場合があります。 お家で簡単に出来る体操を紹介します。 有名な運動だと「あいう

3月の休診日

3月20日(土)は祝日のため休診とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛け致しますが何卒よろしくお願い致します。

生え変わりを上手く使おう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 小児の噛み合わせに関する問い合わせや相談が増えていますが、早期の予防する場合は永久歯が生えはじめの時期の方がより効果的にマウスピースを使って歯並びを整えることが出来ます。 生え変わりの時期は前歯も八の字に生えてきたり、隙間が多く出来たり、噛み合わせが反対だったり、捻れていたりと安定しません。このまま経過観察して自然に治る場合も多いですが早期に介入して

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC