歯を失ってそのまま放置すると・・・


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。歯を歯周病や虫歯で下の奥歯を失ってそのままにして置くと、噛み合わせる上の歯が下に向かって伸びてくる事があります、また隣接する歯も失ったスペースに向かって倒れて斜めになってしまう事があります。数ヶ月の短期間でもお口の中の状態によっては動いてくる場合もありますし、全く動かないで維持出来ている場合もあります。

長期間そのまま放置した状態でいざ失った歯の部分に噛み合わせを作ろうと思うと、色々な問題が生じているケースが多いです。

上の歯が伸びてしまっている場合は、噛み合わせの面を揃える為削らないと駄目ですし、削る量によっては神経を取らないと駄目なケースもあります。

隣の歯が斜めになっているケースではスペースが無く、矯正治療でまっすぐに起こす必要があります(理想は・・)

ただ実際の臨床では理想的な噛み合わせにするためには莫大な期間と費用がかかってしまうため、上の歯は少しだけ削ってスペースを作ったり、隣の歯が倒れたまま処置する事もあります(放置するよりは良いと思って・・)

たかが一個の歯ですが、侮るなかれ将来的に色々な問題を起こす場合がありますので、抜いた後そのままにするのか、歯が動かないように予防的な処置をするのか、ブリッジやインプラントで噛み合わせを回復するのか、良く相談する事をオススメします。


最新記事

すべて表示

乳歯の生え変わりの時期

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 乳歯が中々抜けずに永久歯がはえてこないと不安になってしまうことがあります。 6歳ころ 乳切歯と呼ばれる前歯が下から生え変わります 6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯が乳歯の奥から頭を出してきます 10歳ころ 乳臼歯と呼ばれる歯が抜け小臼歯と呼ばれる乳臼歯より幅の狭い永久歯が 生えてきます 12歳ころ 12歳臼歯と呼ばれる第二大臼歯が奥から頭を出してきます

歯科医院での感染予防対策

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 春日部駅の再開発でどんどん周りの建物が無くなってきていますが、春日部デンタルのあるビルは健在です、駅のホームからも良く見えるようになりました。 歯科医院は飛沫が飛びやすく感染リスクが高いように思われますが大規模クラスターの発生の報告はあまり聞きません。原因は定かではありませんが以前から歯科医院でおこなっている感染予防対策を紹介します。 ・患者さんごと

口腔外科専門医が入職しました!

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 4月より新しい体制シフトになっておりますのでよろしくお願いします。 口腔外科専門医の齋藤先生が火、金、日の外来に加わりましたので、今まで紹介となっていた症例も出来るだけ対応出来るようになります。 また新卒の衛生士も2名入職しましたのでよろしくお願いします、当面は指導衛生士による研修となっており、じっくり育てていきたいと考えております。 今年度も春日部

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC