歯茎が腫れる原因


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。最近よく急患で歯茎が腫れたという患者さんが多いので歯茎の腫れについて説明します。

一番多いのが歯周病による歯茎の腫れです、歯周ポケットと呼ばれる歯茎の溝が深いとどうしても普段の歯ブラシで汚れが取れない部分が出てきてしまいます。歯周病は慢性疾患なので普段はこれといった症状はあまり出ませんが、急性化して免疫と細菌のバランスが崩れると大変です・・歯茎に膿が溜まって腫れてきてしまいます。こうなって来ると歯が浮いたような感覚になり噛み合わせた時も痛みが出てきます。

処置は噛み合わせを少し落として安静にするのと、抗生剤の消炎効果で腫れと痛みは治まります。ただ原因となる歯茎の汚れを除去しないとまた腫れる原因になるので注意して下さい。

2番目が根尖性歯周炎と呼ばれる根の先の膿が溜まる事による腫れです、根の中が感染して根の先端の部分に膿がたまる病気です。この場合は上に被っている被せ物や樹脂を外して根の中から膿を出す通路を作って膿を抜いていきます。また根っこの部分がブヨブヨして膿が溜まっていれば切開して排膿することで痛みを緩和することが出来ます。

こちらの方がかなり厄介です・・・自分自身も経験がありますがかなりの激痛で麻酔も殆ど効かないケースが多いので大変です。よくあるのが痛みや違和感を感じてはいたが我慢していたというケースです、初期の段階であれば比較的痛みが少ない処置ですみますのでお早めの受診をオススメします。


最新記事

すべて表示

乳歯の生え変わりの時期

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 乳歯が中々抜けずに永久歯がはえてこないと不安になってしまうことがあります。 6歳ころ 乳切歯と呼ばれる前歯が下から生え変わります 6歳臼歯と呼ばれる第一大臼歯が乳歯の奥から頭を出してきます 10歳ころ 乳臼歯と呼ばれる歯が抜け小臼歯と呼ばれる乳臼歯より幅の狭い永久歯が 生えてきます 12歳ころ 12歳臼歯と呼ばれる第二大臼歯が奥から頭を出してきます

歯科医院での感染予防対策

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 春日部駅の再開発でどんどん周りの建物が無くなってきていますが、春日部デンタルのあるビルは健在です、駅のホームからも良く見えるようになりました。 歯科医院は飛沫が飛びやすく感染リスクが高いように思われますが大規模クラスターの発生の報告はあまり聞きません。原因は定かではありませんが以前から歯科医院でおこなっている感染予防対策を紹介します。 ・患者さんごと

口腔外科専門医が入職しました!

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 4月より新しい体制シフトになっておりますのでよろしくお願いします。 口腔外科専門医の齋藤先生が火、金、日の外来に加わりましたので、今まで紹介となっていた症例も出来るだけ対応出来るようになります。 また新卒の衛生士も2名入職しましたのでよろしくお願いします、当面は指導衛生士による研修となっており、じっくり育てていきたいと考えております。 今年度も春日部

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC