口腔ケアの認知度が上がった・・・かも


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。H29年の人口動態統計が厚生労働省より発表され、日本人の死因のランキングで28年に3位だった肺炎が5位に下がりました。

このブログでも何度かお話ししておりますが、高齢者になると摂食嚥下機能が低下するので誤嚥性肺炎の危険性が高まります。口腔内の雑菌が多く、本来食道の方に唾液や食物が流れなければならないのが気道の方に流れてしまって蓄積されると炎症反応を起こして肺炎になってしまいます。

よく咽せていると誤嚥していると勘違いしがちですが、咽せは気道に入らないようにする反射なので、むしろその反射が低下して気づかない間に気管に流れてしまう不顕生の誤嚥があるので要注意です。

対策としては当院が昨年度から取り組んでいる摂食嚥下のリハビリで鍛えたりや食物形態を工夫すること。そしてお口の中の雑菌を出来るだけ減らす口腔ケアが重要になります。

最近では認知度がかなり上がり、皆さん積極的に取り組んでる効果が出てきているのかもしれません。訪問で診ている患者さんで胃瘻の肩がいらっしゃいますが、食べ物をお口から摂取出来ないのはかなりお辛そうです、肺炎にならないよう予防しましょう。

#口腔ケア #摂食嚥下 #リハビリ

最新記事

すべて表示

かすれ声は筋力低下のサイン

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 最近は新聞で良くフレイル(衰え)に関する記事を見かけます、職業病かもしれませんが・・ 年齢を重ねると声の張りがなくなって声帯とその周りの筋肉が衰えてくる場合があります、声帯が閉じにくくなると振動がうまくできずにかすれ声になる場合があります。また痰や唾液などが咽頭に溜まり発声するときに振動するとき痰が絡まったような声になります。 この声帯の動きの低下は

口腔乾燥症とマスク

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。コロナ前からマスクは仕事柄ほとんどの時間着用していたのですが、治療中以外は顎マスクスタイルや鼻をオープンにした状態で装着しています、口呼吸を予防するためやアトピーなので肌が荒れやすいと言う理由です。 ようやく暑さが落ち着いてきていて熱中症のリスクは低くなってきていますが、マスクの悪影響についてはあまり報道されておらず弊害があることも理解する必要がありま

歯と歯の間をお掃除しましょう

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 お口のお掃除と言ったら歯ブラシと歯磨き粉で行うものと思いますが、歯ブラシだけで落とせる汚れはなんと60%程度と言われています・・ 学生実習の頃に染め出しをしてPCR(プラークコントロールレコードというものでPCR検査ではありません)という値を取ったのですが、きちんと磨けているつもりでも20%程度になることが多いです。中には5%なんて達人の領域に近い方

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC