歯科治療の間隔と回数について


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。

今回は最近、良く質問を受けるのですが治療の間隔についてです。

歯科治療は一度の来院で終わることは少なく、何度も来院するのが面倒な方も多いと思います。治療期間が長くなってしまう原因は日本の医療制度に様々な縛りがあるのも要因でもあります。

特に歯周病の治療の場合は検査をして、歯茎の上の歯石を分けて取って、1週間以上開けてまた検査をしてから深いところの歯石とりを6回に分けてして・・・・とかなりの回数と時間がかかります。これは臨床的な意味がある面もありますが、保険制度という縛りの部分もあるため保険でやる場合には守らなければなりません。

あとは補綴では特殊な技工という操作が入るため、型取りから完成まで時間がかかってしまうため最低でも2度の来院が必要になることがあります。

現在ではセレックと呼ばれる即座にコンピューターで画像を分析して削り出す装置も出来て導入されている医院も多いですが、まだ型取り→技工所という流れは変わるには時間がかかりそうです。

まとめますと

歯周病治療     検査や期間、診療部位の縛りが多いため、1週間に1回 

          回数も期間もかかる

補綴治療      型取りして技工所で作るので、物によっては完成まで時間がかかる

          入れ歯の場合は週1でも1ヶ月程度

インプラント    手術から上物が入るまで4〜6ヶ月かかる

削って詰める治療  1回で終わる 間隔も開けなくて良い

根の治療      感染除去の進行度合いや症状によるがそんなに期間を空けなくでも良い

個人的には出来るだけ1回で早く終わらせてあげたいです・・・

#歯周病 #歯科治療の間隔 #歯科治療の回数

最新記事

すべて表示

大宮居宅介護支援事業所を設立します

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 医療法人社団彩明会では11月より新しい介護事業所を大宮デンタルクリニック、大宮鍼灸治療院と同じ建物内に設立する予定です。 春日部に続き2つ目の介護事業所ですが、在宅の介護の要となる介護事業所を通じて大宮の地域連携に向けて精進していきます。 2025年までに地域包括ケアシステムの構想実現のため、歯科を主体とした法人として出来ることを取り組んでいきます。

歯周病と認知症

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 九州大学の研究チームが歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みを解明したそうです。 歯周病と全身疾患の関係は糖尿病や心疾患など様々な分野で研究がされていますが、認知症との関係は新しい発見です。お口は外界と体内を繋いでいる重要な器官です、内臓に達するまでいくつもの免疫による関門がある中での先鋒にあたります、唾液による

10月の休診日

こんにちは春日部デンタルクリニックです。 10月は休診日はありませんので何かありましたらお気軽にご連絡下さい。 *訪問歯科は日曜日のみ休診となっております。

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC