歯を失った場合のチョイス


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。先日テレビで歯を失った場合のチョイスと言う面白い番組を観ることが出来ました。実際に歯を失った患者さんに入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリットデメリットをわかりやすく説明しており非常に有益な番組であると思いました。患者さんによってやはり考え方が違いそれぞれの重要視する部分が違えど、実際にそれを選んで良かったと言う感想を述べられていて参考になりました。

建築家の人が地盤などの自分の専門の話に結びつけて考えていたのも面白かったです、その方は入れ歯を選択していました。

入れ歯は安価で手軽に入れれる反面、脱着や咬み心地、違和感などの問題もありますが慣れればある程度は使えるケースも多いですし高齢化して自分でお手入れが出来なくなった場合は介護する側としてはお手入れや壊れた場合の修理も比較的手軽に出来ます。

ブリッジは歯を大きく削らなければならないことや力のバランス的に2本で何本もの力を支えるため負担が大きくなってしまう場合もありますが、治療期間も短く、噛み心地は良くセラミックのような材料を使えば審美的にも良い治療です。

インプラントは治療にかかる費用も高額で期間も長くかかりますが、両サイドの歯を削らずに守り、骨にしっかりと結合することにより強い噛む力を発揮し違和感も一番少ない治療です。

それぞれ当然ですが良いところも悪いところもありますので、歯科医師としてはそれぞれの説明をしっかり行って患者さんに合った良い選択を提示できるようにしなければならないと再確認できました。

#歯を失った #ブリッジ #インプラント #入れ歯

最新記事

すべて表示

大宮居宅介護支援事業所を設立します

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 医療法人社団彩明会では11月より新しい介護事業所を大宮デンタルクリニック、大宮鍼灸治療院と同じ建物内に設立する予定です。 春日部に続き2つ目の介護事業所ですが、在宅の介護の要となる介護事業所を通じて大宮の地域連携に向けて精進していきます。 2025年までに地域包括ケアシステムの構想実現のため、歯科を主体とした法人として出来ることを取り組んでいきます。

歯周病と認知症

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 九州大学の研究チームが歯周病菌が体内に侵入し、認知症の原因物質が脳に蓄積して記憶障害が起きる仕組みを解明したそうです。 歯周病と全身疾患の関係は糖尿病や心疾患など様々な分野で研究がされていますが、認知症との関係は新しい発見です。お口は外界と体内を繋いでいる重要な器官です、内臓に達するまでいくつもの免疫による関門がある中での先鋒にあたります、唾液による

10月の休診日

こんにちは春日部デンタルクリニックです。 10月は休診日はありませんので何かありましたらお気軽にご連絡下さい。 *訪問歯科は日曜日のみ休診となっております。

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC