歯の神経を抜くか否か


こんにちは春日部デンタルクリニック院長の佐野です。歯の治療で良く判断に迷うのが虫歯が深くて神経に近いもしくは一部が露出してしまった場合の処置です。

歯の神経を取ってしまうと

・歯が脆くなって、割れたり欠けやすくなる

・歯が変色をする

・根の先まで感染しないと症状が出なくなる

・根っこの空洞が複雑で処置が難しい場合は炎症が再発しやすくなる

などのデメリットがあります。

ですので歯の神経は出来るだけ残すような処置を心がけています、最近ではMTAセメントと呼ばれる材料などを上手く使えば残せるケースも多くなっていますし、虫歯が深い場合も生体反応で2次象牙質と呼ばれる歯が作られることにより残せる場合もあります。

ただどうしても虫歯が深い場合は残しても痛みが全く取れず、激痛が続いてしまいそうなケーズでは神経の処置を行なっております。

僕が抜くか否かの判断で聞く事は「その歯で噛めているかどうか、冷たいものや熱いものが染みてお食事に支障をきたしていないかどうか、自発痛(何もしなくても痛い)が続いているかどうか」を聞いて説明するようにしています。

長期的な目線では歯の神経を残した方が良いですが、歯を抜くかどうかと同じようにその後のリスクやきちんと機能するかどうかを考えて判断した方が良いです。

#根管治療 #歯の神経 #歯がしみる

最新記事

すべて表示

歯科医院での感染予防対策

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 春日部駅の再開発でどんどん周りの建物が無くなってきていますが、春日部デンタルのあるビルは健在です、駅のホームからも良く見えるようになりました。 歯科医院は飛沫が飛びやすく感染リスクが高いように思われますが大規模クラスターの発生の報告はあまり聞きません。原因は定かではありませんが以前から歯科医院でおこなっている感染予防対策を紹介します。 ・患者さんごと

口腔外科専門医が入職しました!

こんにちは春日部デンタルクリニックの佐野です。 4月より新しい体制シフトになっておりますのでよろしくお願いします。 口腔外科専門医の齋藤先生が火、金、日の外来に加わりましたので、今まで紹介となっていた症例も出来るだけ対応出来るようになります。 また新卒の衛生士も2名入職しましたのでよろしくお願いします、当面は指導衛生士による研修となっており、じっくり育てていきたいと考えております。 今年度も春日部

4月の休診日

4月29日(木)は祝日のため休診とさせて頂きます。 ご迷惑をお掛けしますがよろしくお願い致します。

〒344-0061
埼玉県春日部市粕壁1-9-5 成田ビル4階
・春日部駅 東口(ロータリー内)
・提携駐車場あり


TEL:048-760-1182
FAX:048-760-1183​

診療内容

クリニック紹介

求人情報

歯医者さん体験教室

ホーム

© 2018 KASUKABE DENTAL CLINIC